トップへ戻る
ホーム > 仙台5Sカイゼン

仙台5Sカイゼン

IMPROVEMENT
仙台5Sカイゼン

企業において自分で考え行動する人材を育成し現場力を向上させるには、5S(整理・清掃・整頓・清潔・躾)からスタートする”仙台5Sカイゼン”(現場カイゼン手法)が最適です。
現場のメンバーがやらされ感や活動の負担を感じず、モチベーションを上げて進める活動は、驚くほどのパワーを発揮して、企業経営基盤を強化していきます!

5Sやカイゼンが定着しない理由

① 5S本来の意味を理解せず、活動をスタートしている。

・メンバーは言われたとうりに行動するだけ。

②  ただ綺麗にすることを目的としてトップダウンで展開。

・メンバーはやらされ感や活動に負担を感じる。

③ 5Sや改善手法の知識や経験が不足している。

・先進企業の実態や改善の進め方を知らない。

④ 実際に何をすればよいのか、組織から具体的に落とし込みがされてなく、目標の伝達段階で止まっている。

仙台5Sカイゼンの特徴

  • ① 現場第一主義
  • ② 5Sの本質を理解して順序立てて進める
  • ③ 5Sはカイゼンを目的としたツールとして捉える
  • ④ 現場の自律性を尊重する
  • ⑤ 指摘ではなくよくする為のヒント
  • ⑥ 社内改善リーダーの育成
  • ⑦ トップダウン後のボトムアップで展開

5Sの定義

仙台5Sカイゼンは、5Sからスタートする現場カイゼン手法で、5Sをカイゼンを成す為のツールであるという捉え方をしています。5Sやカイゼンの知識を理解し、そのなかでも3S(整理・清掃・整頓)を実践していくことで、継続的成果を上げることが可能となってきます。

  • 5Sの定義
  • 5Sの定義
  • 5Sの定義

*仙台5Sカイゼンの特徴のひとつに5Sの順番があり、整理の次は清掃となりその次に整頓がきます。何を実施するにも順番が大事です。整理をしてゴミや埃や不要物が発生すれば初期 清掃をする必要があります。清掃も初期清掃から始まり、点検清掃、保全清掃とレベルアップして行きます。順序立てて進める意味等々を、どこかの機会にみなさんにお話しできれば幸いです。

5Sの定義

仙台5Sカイゼンの概要

仙台5Sカイゼンの概要

一般的な5Sと仙台5Sカイゼンの比較

”仙台5Sカイゼン”は一般的な5S活動と比較すると、異なる点が多くあります。
下記のような考え方をベースに、人を成長させ自律的な継続活動を進めます。

一般的な5Sと仙台5Sカイゼンの比較
コンタクト